So-net無料ブログ作成

Windows 10 「回復」(Recovery)を試してみました [windows10]

Windows 10 に備わっている「回復」(Recovery) 「このPCを初期状態に戻す」を実際に試してみました。これはWindows10の再インストールと同じ動作になります。

winver.gif
現役のPCで試すにはいかないので、普段使用していないWindows8.1からWindows10へ無償アップグレードした自作PCで作業しました。再インストールは極力避けたい事柄ですが、後々何かの参考になるかもしれません。

このPCのWindow10のバージョンは1511で、まだ最新のアニバーサリアップデートが当たっていません。現時点で最新版はversion 1607となります。

更新とセキュリティ.gif

Windows 10の回復機能は「設定」の「更新とセキュリティ」→「回復」とすすみ「このPCを初期状態に戻す」を開始します。

続いて個人用データを残すか全て削除するか聞かれますので、いずれかを選択します。しばらくすると削除されるアプリケーション一覧が表示され、次に処理の確認を促されます。インストールされたアプリケーションは全て削除され、まっさらになります。

削除されたアプリケーション.gif


実行してから待つこと1時間弱、再起動して作業が終了しました。デスクトップには「削除したアプリケーション一覧」(html)が作られていて、それを開くと詳細が表示されます。

認証.gif

windows10はデジタル登録認証でプロダクトキーを入力しなくても自動でライセンス認証をするはずです。では確認します。っと...これは!!

「Windowsはライセンス認証されていません。」

手動でライセンス認証をしてもはじかれてしましました。これは一体どうしたことでしょう。FAQを見てみると「最新のバージョンにアップグレードせよ」とか「黙っていても何日かすると認証されるよ」(ほんとか?)とか書かれています。

とりあえずWindows10を最新にすることにしました。以前ダウンロードして作製したWindows10 MediaCreationToolをDVDドライブに入れようして初めて気付いたのですが、なぜかDVDドライブがOSに認識されていません。シャットダウン後、ケースのふたを開けDVDドライブの電源コネクタ、IDEケーブルを差しなおしてスイッチON。OS起動後DVDドライブは無事認識されました。

バージョンアップ作業前にライセンス認証画面をみると、無事認証されていました。機器構成が変わってしまったので認証が通らなかった模様です。最新バージョン(1607)では認証方法が改善されていて、機器構成が変わってもOKらしいです。早めに最新バージョンにしたほうが良いみたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。